脱毛の基礎知識
永久脱毛

永久脱毛とは、「永久に毛が生えてこないようにすること」と思っているかもしれませんが、厳密には少し違っています。

永久脱毛の定義は一概ではなく、「ムダ毛が永久に生えてこないよう処理すること」、「医療レーザー脱毛や電気脱毛などにより、毛が発育・再生するための器官である毛乳頭を破壊したりダメージを与えることにより、毛が生えてこないようにすること」など、微妙にニュアンスの異なる使われ方をしています。

学術的には、従来、米国電気脱毛協会による「最終脱毛から1ヶ月後の毛の再生率が20%以下であればよい」という定義がありました。これに対し、1998年ハーバード大学のグループが新たに「永久減毛」という概念を提唱します。永久減毛とは、「脱毛施術後に、毛周期を超える期間で、再発毛する本数が明らかに減少している状態を持続すること」とし、現在はこの概念が広く支持されています。医療機関で使われているレーザー脱毛器は上記の「永久減毛」という概念に基づきFDAの認可を取得しています。つまり、医療レーザーによる永久脱毛は、永久に生えてこない脱毛ではなく永久減毛を目標とした脱毛なのです。

とはいえ、医学的には、毛周期から考えて脱毛施術後半年たって毛が生えてこなければ、永久に生えない可能性が高く、永久脱毛とみなしてよいのではないかというのが多数派の見解のようです。

また、脱毛クリニックやエステティックサロンでの脱毛を、剃る・抜く等の毛幹或いは毛根までの自己処理と区別するために「永久脱毛」という言葉を使っている場合もあります。