医療レーザー
照射回数と照射周期

医療レーザー脱毛の場合、どれくらいの期間の通院が必要となるのでしょう。永久脱毛効果を期待した脱毛においては、毛周期にあわせて施術の回数・周期を決めていきます。医療レーザー脱毛では、脱毛する部位によりますが、毛周期に合わせて最低でも3回、大体5回程度はおこなうのが一般的です。

毛周期とは、成長期、退行期、休止期と繰り返される発毛のサイクルですが、医療レーザーで脱毛できる毛は成長期のもののみで、全体の約3分の1くらいを占めています。そして、部位によりますが、成長期の期間は毛髪では4~7年、その他の毛では数ヶ月程度です。

部位ごとに細かく見ていくと、眉毛では成長期の毛は約10%しかありませんから、単純計算すると10回程の施術が必要となります。同様にして、腋毛では成長期の毛は約37%なので3回程、胸毛では成長期の毛は約30%なので3~4回程、陰毛では成長期の毛は25%なので4回程、上肢では成長期の毛は約18%なので6回程、下肢では成長期の毛は約25%なので4回程となります。

完璧につるつるの仕上がりを目指すのなら、上記の回数は最低ラインの目安として、実際にはそれ以上の照射回数が必要となるでしょう。毛周期に沿って、施術間隔は必ず数ヶ月程開けなければなりません。長期間になれば費用も嵩んでしまいます。完璧を目指さなくとも、毛の量がある程度減ってくればムダ毛の処理は格段に楽になります。どの辺りに妥協点を見出すかは人それぞれです。