脱毛クリニックとその他の方法
自己処理による脱毛

無駄毛を処理する方法として、一番手軽で安価なのが自己処理でしょう。剃刀で剃る、毛抜きで一本一本丹念に抜く、脱色クリームで脱色する、脱毛クリーム等で毛を溶かして除去するなど様々な方法がありますが、どの方法でも衛生面に注意が必要です。

剃刀を使った場合、一時的なすべすべ感は得られても、表面の毛を剃っただけなので毛が伸びてきた時の断面は太くなり、毛が濃くなったと感じるかもしれません。こまめに処理する必要があります。そして、剃刀で表皮も削ってしまうので、肌を傷つけ、剃刀負けや色素沈着を起こす可能性があります。また、傷口からばい菌が入り炎症を起こすこともあります。

毛抜きや脱毛テープなどで抜く場合、痛みを伴う上に、かなりの手間と時間が必要です。しかも、全ての毛がきっちり抜けるとは限らず、毛穴がブツブツしたり、毛穴が開いてしまったり、中々綺麗な仕上がりとはいきません。綺麗に抜けたとしても、次に生えてきた毛が埋没毛となったり、開いた毛穴から炎症を起こしたり、毛細血管を傷つけ出血したりする可能性もあります。

脱色クリームによる脱色、脱毛クリーム等で溶かして脱毛する場合、痛みはなく、剃刀と比べると毛の断面も太くならず綺麗に仕上がります。でも、毛根は残っているので、やはりこまめに処理する必要があります。脱毛クリームはアルカリ性で、毛と共に肌も溶かしてしまいます。通常表皮は弱酸性に保たれていますが、薬剤使用後はアルカリ性となり細菌が繁殖しやすい状態になります。炎症やアレルギーを引き起こさないために、使用前にパッチテストをおこない、薬剤塗布中の放置時間を守り、最後に化粧水などでケアすることも大切です。