脱毛クリニックとその他の方法
脱毛に関する国の見解

日本では、永久脱毛行為について厚生省より 「永久脱毛を業として行った場合は、医師法第17条の医業に該当し、医師ではない者が行えば医師法違反となる」との通達が出されており、 医療機関以外では永久脱毛行為は禁止されています。

正確には、厚生労働省医政局医事課長から平成13年11月8日付けで「医師免許を有しない者による脱毛行為等の取扱い」について、「用いる機器が医療用であるか否かを問わず、レーザー光線又はその他の強力な エネルギーを有する光線を毛根部分に照射し、毛乳頭、皮脂腺開口部等を破壊する行為を、医師が行うのでなければ保健衛生上危害の生ずるおそれのある行為であり、医師免許を有しない者が業として行えば医師法第17条に違反すること」とする通達がありました。

ただし実際は、脱毛クリニックで少なくとも一人の医師が常駐していれば、医師に適切な教育・指導をうけた看護師が施術しても問題はないようです。トラブルが起きてもすぐに医師が対応できるというのがその理由でしょう。

一方で、エステティックサロンでのレーザー脱毛が違法であることは、厚生省の見解、裁判所の判例からも明らかなのですが、エステティックサロンで依然として繰り返し業として行われているという現実があります。しかし、事故を起こして初めて摘発されるという実情があり、事故が起きない間は、行政は積極的な取り締りをおこなっていません。安心・安全のために、もっと厳しく積極的な運用をおこなって欲しいものです。