脱毛にまつわるトラブルと対処法
トラブル全般

脱毛するには様々な方法がありますが、いずれの方法であっても、肌や毛根に少なからずストレスや刺激を与えることに変わりはありません。心がけておきたいのは、違和感や異常を感じたら、すぐ医師に相談することです。特に、エステティックサロンで脱毛をおこなった場合スタッフは医療従事者ではありませんから、「大丈夫」などと言われても鵜呑みにはしない方がよいでしょう。

ご自身の肌を守るため、トラブルに対して迅速に判断することが大切です。実際に、エステティックサロンでの脱毛にまつわる被害の報告は、レーザー脱毛、電気脱毛、ワックス脱毛などで、様々なものが寄せられています。例えば、内出血ややけど、毛膿炎、埋没毛などが挙げられます。

そして、中でも多いのがやけどです。認識不足・経験不足のエステティシャンによって招かれることが多いそうです。医療機関とは違い、エステティックサロンではやけどが起きてしまっても、冷却するなどの簡易な処置しかできませんので注意が必要です。

そもそもエステティックサロンは医療機関ではないため医療行為は禁止されています。事前に、肌トラブルが生じた時の対応を確認し、使用機種なども確かめておくとよいでしょう。また、自己処理で脱毛をおこなった場合も、器具が皮膚を傷つけ、かぶれや化膿をおこすなどの肌トラブルを起こす可能性がありますから、くれぐれも注意が必要です。

レーザー脱毛では施術後の冷却が重要で、照射出力や照射時間から適切な冷却措置を取らなければ即やけどに直結すると言われます。電気脱毛では、電気針により皮膚障害を起こし、C型肝炎、ケロイドなど深刻な肌トラブルに至ったケースもあります。