脱毛にまつわるトラブルと対処法
埋没毛

埋没毛は埋もれ毛・埋まり毛とも呼ばれ、毛を剃刀で剃ったり毛抜きで抜いたり自己処理をおこなった時に、何らかの原因で毛穴が塞がり皮膚の中から毛が出て来られないまま発毛してしまうことです。医療レーザー脱毛では埋没毛にはなりません。

埋没毛になる原因は、毛抜きなどで毛を抜く時に毛根から抜けず途中で切れてしまう、毛根から抜き取ったが毛穴が塞がった後に毛が再生し皮膚の中で成長してしまう、毛穴周辺の皮膚が剃刀などで傷つけられ回復とともに形成されたかさぶたで毛穴が塞がり中の毛が皮膚の表面に出てこられなくなる、などがあるようです。

埋没毛は放っておくと、ほとんどの場合は毛の発育が止まると自然に分解されて排出されるようですが、まれに炎症を起こしてしまう事もありますのでご注意ください。埋没毛を処理したい場合や炎症を起こしてしまった場合は、医師に相談するのが最良でしょう。医療レーザー脱毛により、埋没毛を取り除くことができます。

また、あまりお薦めしませんが、自己処理の方法もあります。よく消毒した針を用いて、消毒した患部に針で穴を開けて軽く切開し穴から埋没毛を引っ張り出す方法、タオルやアカスリなどで皮膚を擦って毛を出す方法もあるようです。ただし、埋没毛の自己処理は、消毒を怠ると毛膿炎など二次的なトラブルを招きかねないので注意が必要です。

埋没毛を作らないためには、レーザー脱毛か、自己処理ならば脱毛クリームを用いた方法がよいそうです。