脱毛にまつわるトラブルと対処法
脱毛中・後のケア

様々な脱毛方法が確立され、技術の進歩に伴い効果・安全性共に高まってきていますが、それでも肌トラブルのリスクは少なからずつきまとうものです。不用な肌トラブルを回避するために、脱毛中・後はどのようなケアが必要となるのでしょう。脱毛方法を問わず、脱毛することは多かれ少なかれ肌に負担をかけますから、「冷却する」「清潔を保つ」「保湿する」という3点がとても大切です。

「冷却する」に関しては、医療レーザーでは施術中も冷却しながらおこないますが、脱毛後も冷却し、毛穴に残った熱をいち早く冷ますことで、やけどや炎症を抑えることができます。

「清潔を保つ」に関しては、特に針を挿入する電気脱毛などでは重要です。その他の方法でも、毛嚢炎などを防ぐため徹底した衛生管理をおこないます。脱毛中に熱で汗をかいた場合も、こまめに拭き取るなど清潔を心がけましょう。

「保湿する」に関しては、乾燥した肌は様々な肌トラブルを起こしやすい状態です。ローションなどの保湿剤で、しっかりと保湿することで肌トラブルを防ぎ、傷ついた肌の回復を助けます。

それに加え、レーザー脱毛をおこなった場合は、毛穴に残った毛を無理やり抜かずに自然に抜け落ちるに任せること、そして日焼けをしないことも大切になります。レーザー脱毛後に日焼けをしてしまうと、シミや黒ずみができてしまい消えなくなる可能性が高まります。

脱毛中・後に適切なケアをおこなうことで、脱毛にまつわる不用な肌トラブルをある程度防ぐことができるのです。