脱毛方法の種類
医療レーザー脱毛

医療レーザー脱毛は、皮膚科など医療機関で医療用の機器を用い、医師ないし看護師により施術を受けます。エステティックサロンなどでおこなうレーザー脱毛とは違います。 医療用レーザー器を使った脱毛は医療機関でのみおこなうことが許可されています。

脱毛の中でも人気のレーザー脱毛ですが、医療レーザー脱毛は効果が最も高く、痛みは極端に小さく、短時間でおこなえるといったメリットがあります。更に、あまり知られていませんが、レーザー脱毛には永久的な脱毛に加え、美肌効果が期待できます。レーザー光は、毛根の黒いメラニン色素に作用し破壊しますが、ついでにシミとなっているメラニン色素にも作用し薄くする効果も期待できます。また、レーザー光の熱が肌の奥に働きかけ、新陳代謝があがりコラーゲンの生成を促し、結果として肌に張りが出てきます。

医療レーザー脱毛は、特定の波長のレーザー光の、黒い色素に集まるという性質を利用します。照射されたレーザー光が、メラニン色素の強い毛根に蓄積されやがて放出する際に、毛根にダメージを与え、破壊することで脱毛させる仕組みです。レーザー光は皮膚表面のメラニン色素にも吸収されますが、通常なら絶えず熱を放出するため、効果は毛根だけに集中して現れるのです。

医療レーザー脱毛では、効果の面でのメリットも多くありますが、加えて、カウンセリングにより医師と十分に相談しながら進めていくため安心感のある方法といえるでしょう。